中絶の認められる場合と避妊方法

TOP > 中絶の認められる場合と避妊方法

日本では理由なく中絶することは禁じられています。
中絶は母体保護法の定めにより認められており、母親の健康上の問題、経済的な理由、レイプによる妊娠の場合に受けることが出来ます。
中絶は妊娠22週未満までしか行えません。


また、行える期間でも12週未満とそれ以降とでは手術の手法が異なります。

東京の中絶の情報があります。

早いほうが母体への負担は少なくなります。



12週未満の場合は、そうは法、吸引法で行われます。

入院を伴わないことが殆どです。

12週以降は、陣痛を人工的に起こして出産する方法をとります。
出産と同じように体に負担がかかりますので入院をすることになります。また、胎児を埋葬することになり、心理的にも大きな負担になります。


中絶手術を受けるには本人とパートナーの同意書が必要です。


パートナーがわからないなど同意書が取れなくても認められるケースもあります。


健康保険は適用になりませんから、実費での支払いとなります。

12週未満の場合は10万円前後の病院が多いようです。12週を超えると、入院も伴うため高額になります。
手術はどこの病院でも行えるのではなく、母体保護法指定医でしか行えません。医療の進歩や衛生的で高度な病院設備により、日本国内での中絶手術は安全に行えることが殆どです。

しかしリスクはあります。

子宮や卵管などの炎症に繋がるケースもあります。
精神面でもダメージは大きいです。



しっかりとした避妊を行う事が必要です。

女性が主体的に避妊を行えるのがピルです。産婦人科での診察、処方が必要であり副作用もありますが、避妊としてはかなり有効な手法です。また、手軽に副作用もなく行えるのがコンドームでの避妊です。

しかし、コンドームは正しく使用しないと意味がありません。他の避妊方法と合わせると安心でしょう。